マジックが初戦でバックス撃破の下剋上 ニコラ・ブーチェビッチはプレイオフ自己最多の35得点「良い仕事ができた」

オーランド・マジックは8月18日(日本時間19日)、プレイオフ1回戦初戦でミルウォーキー・バックスと対戦。カンファレンス首位を122-110で破るアップセットを演じ、ニコラ・ブーチェビッチも「大きな勝利」と胸を張った。 レギュラーシーズン8位(33勝40敗)のマジックは、シーディングゲームでジョナサン・アイザックが左膝前十字靭帯断裂により離脱したのに加え、主力のアーロン・ゴードンも左ハムストリングの怪我でこの日の初戦を欠場する事態に見舞われた。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

しかし、第2クォーターに15-2のランで最大18点のリードを奪うと、そのリードを守り切って第1シード相手に先勝するアップセットに成功。『BetMGM』によれば、試合開始時点でマジックの勝利オッズは「9.5倍」と、バックス圧倒的優勢の状況だったという。 プレイオフ自己最多の35得点、14リバウンドを記録したブーチェビッチは、「他人が何を言っているかは気にしない。僕らは自分たちのことにフォーカスして、攻守で良いゲームをしただけだ」とコメント。バックスのヤニス・アデトクンボに31得点こそ許したが、チームディフェンスでペイント内の動きを封じ、「ミルウォーキーのようなチーム相手には、すべての準備を整えないといけない。今日はすべてを把握できたし、ゲームプランを遂行すべく良い仕事ができた」と胸を張った。 スティーブ・クリフォードHC(ヘッドコーチ)は、勝利の立役者となったブーチェビッチについて、「彼は今日、ビッグプレイに次ぐビッグプレイを見せた。でも、私は驚かない。なぜなら、このプレイオフシリーズに向けて準備してきたし、きちんと状況を掴んでいる」と称えた。 プレイオフ初戦で鮮烈なインパクトを残したマジックだが、ブーチェビッチは「僕らは大きな勝利を収めたけど、これは1ゲームに過ぎない。次に進まないといけない」と気を引き締める。果たして、逆襲に燃えるバックス相手に2連勝を飾れるだろうか。

■マジック vs バックス戦を観る

関連タグ

チーム

  • マジック
  • バックス

選手

  • Nikola Vucevic

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マジックが初戦でバックス撃破の下剋上 ニコラ・ブーチェビッチはプレイオフ自己最多の35得点「良い仕事ができた」