千葉ジェッツ 富樫勇樹インタビューVol.2「NBAファイナルは”名門対決”が実現したら面白い」

2019-20シーズンのNBAはシーディングゲーム全日程を終え、いよいよ8月17日(日本時間18日)からプレイオフがスタートする。各カンファレンス8チームによる“優勝決定戦”を制するのはどのチームなのか。 ケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)などを輩出したモントロス・クリスチャン高校出身で、2014年にはサマーリーグに挑戦し、その後ダラス・マーベリックスの下部組織であるテキサス・レジェンズの一員としてプレイした経験を持つ、Bリーグ 千葉ジェッツの富樫勇樹選手に、今プレイオフを予想してもらった。

「ロサンゼルス対決をカンファレンス・ファイナルで見られたら」

――日頃からNBAの試合を視聴されている富樫選手が、2019-20シーズンで注目していた点は? 富樫勇樹:今シーズンは、(過去5年連続でファイナルに進出していた)“スーパーチーム”のウォリアーズが(ステフィン)カリーの怪我も含めて苦しんで、どこが勝ってもおかしくないと思って観ていました。だから、プレイオフはすごく楽しみにしています。 ――ずばり、今シーズンの優勝チーム予想を訊かせてください。 富樫勇樹:昔からレブロン(ジェームズ)の大ファンというわけではないんですが、もう一回レブロンに勝ってほしいという気持ちがあります。(2018年にロサンゼルス)レイカーズへ移籍して、少なからず批判も受けてきたなかで、勝ってほしいですね。 ――ウェスタン・カンファレンス1位でレギュラーシーズンを終えたレイカーズの印象は? 富樫勇樹:もうまさに“レイカーズ”という印象が強いです(笑)。コービー(ブライアント)のキャリア終盤から、(ブランドン)イングラム(現ニューオーリンズ・ペリカンズ)、アンソニー・デイビスが加入するまでの間も見てきました。思うように勝てないシーズンが続いたなかで第1シードを獲得して、僕の中でNBAと言えばレイカーズという印象があります。あのチームカラー(パープル&ゴールド)を含めて雰囲気があっていいですよね。そこにさらに世界トップのレブロンがいて、華があるなと思います。 ――レイカーズの対抗馬にはクリッパーズが挙げられています。 富樫勇樹:(カワイ)レナード、(ポール)ジョージを中心に、他にもかなり良いメンバーが揃っていますね。レイカーズとのロサンゼルス対決をカンファレンス・ファイナルで見られたら盛り上がるし、期待したいです。

レイカーズのレブロン・ジェームズ(右)とクリッパーズのカワイ・レナード(左)。プレイオフを順調に勝ち上がれば、カンファレンス決勝で激突する

「バックスが第1シードですが、ファイナルに勝ち上がるのは…」

――では、イースタン・カンファレンスの予想はどうでしょう? 富樫勇樹:バックスが第1シードですが、個人的な予想だとファイナルに勝ち上がるのは別のチームなのではないかと考えています。 ――バックスがファイナルまでたどり着けない理由は? 富樫勇樹:エースのヤニス(アデトクンボ)は手足の長さ、強さを兼ね備えて、本当に止められない選手です。(クリス)ミドルトンもいますが、チームとして見ると、どこかプレイオフで負けてしまうんじゃないかと感じさせるところがあります。シーズン再開後の戦いを見ていると、やっぱり王者のラプターズは昨季チャンピオンに輝いただけのことはあるし、(エースだった)レナードが抜けても高い勝率を残しました。先日(8月1日)のレイカーズ戦を見て、ディフェンスもいいと感じました。

昨季王者ラプターズは、パスカル・シアカムを中心に高い勝率を残した。今季もファイナル進出なるか

――ファイナル予想は「レイカーズ対ラプターズ」ですか? 富樫勇樹:うーん。ラプターズもいいですが、「レイカーズ対セルティックス」の名門対決が再び実現したら面白いなとも考えています。最終的にはレイカーズに優勝してほしいですね。

■千葉ジェッツ 富樫勇樹インタビューVol.1「塁はエースを担うレベルにある選手」

【無料配信】初心者目線でNBAを語る女子会的トークバラエティ番組『NBA情報局 DAILY9 Next』を観る ※楽天IDでログインすれば無料で視聴可能

比江島慎コラム バックナンバー

田渡凌コラム バックナンバー

アルバルク東京コラム バックナンバー

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • Bリーグ
  • 富樫勇樹
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 千葉ジェッツ 富樫勇樹インタビューVol.2「NBAファイナルは”名門対決”が実現したら面白い」