サンダーのクリス・ポール、古巣ロケッツとのプレイオフ1回戦決定に言及「興味深い」

オクラホマシティ・サンダーは、8月14日(日本時間15日)に行われるロサンゼルス・クリッパーズとのシーディングゲーム最終戦を前に、プレイオフ1回戦でヒューストン・ロケッツとの対戦が決まった。今季開幕前にトレードを行った両者によるカードの実現に、ファンのみならず当の選手たちも闘志を燃やしている。 「興味深いね。2チーム(サンダーとロケッツ)はお互いを熟知している。僕たちは準備ができているし、大事なことはすべて理解している」 『USAトゥデイ』のローガン・ニューマン記者によれば、今季ラッセル・ウェストブルックとのトレードでサンダーに加入したクリス・ポールは、プレイオフ1回戦でロケッツとの対戦が確定した12日(同13日)のマイアミ・ヒート戦後にこのように話したという。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

ポールは2017年にトレードでロサンゼルス・クリッパーズからロケッツへ移籍。ジェームズ・ハーデンと強力なガードコンビを形成し、自らも2シーズンで平均17.1得点、5.0リバウンド、8.0アシストをマークした。今季はウェストブルックとポール・ジョージが抜けて下馬評が低かったサンダーの一員となり、カンファレンス4位(44勝27敗)に導く殊勲の活躍を見せている。 一方、ポールとの交換で11シーズンを過ごしたサンダーを離れる形となったウェストブルックは、新天地ロケッツで平均27.2得点、7.9リバウンド、7.0アシストを記録。通算成功率30.5%と決して得意ではない3ポイントシュートの試投数を減らし、司令塔としてチームプレイを優先させてきた。 ウェストブルックは8月12日(同13日)に右足大腿四頭筋の肉離れが発覚して、最低でもプレイオフ1回戦の数試合を欠場すると報道されているが、“因縁”の古巣対決が注目を集めるのは間違いない。

関連タグ

チーム

  • サンダー
  • ロケッツ

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンダーのクリス・ポール、古巣ロケッツとのプレイオフ1回戦決定に言及「興味深い」