サンダーのデニス・シュルーダー、出産立ち合いを終えて再びバブル入りも合流時期は未定

オクラホマシティ・サンダーのデニス・シュルーダーは、第2子の出産に立ち会うために8月3日(日本時間4日)にフロリダ州オーランドのバブル(隔離地域)から一時離脱していたが、10日夜(同11日)にバブルに戻ってきたという。『ESPN』のロイス・ヤング記者が報じている。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

ビリー・ドノバンHC(ヘッドコーチ)によれば、現在シュルーダーは自主隔離中。最短の4日間で済めば、8月14日(同15日)に行われるロサンゼルス・クリッパーズとのシーディングゲーム最終戦に出場可能だが、指揮官は復帰時期について明言を避けている。 「バブルに再入場する選手は、誰であれ必ず一定期間は自主隔離することになっている。新型コロナウイルスの感染検査で陰性が出るまではチームに合流できない。(シーディングゲーム最終戦への出場については)まったく分からない。今のところ、イエスともノーとも言えない」 ドイツ出身のシュルーダーは、2018年オフにアトランタ・ホークスからトレードでサンダーへ加入した。控えポイントガードに回り、今季は64試合に出場して平均18.9得点、4.0アシストを記録。さらに平均リバウンド数(3.7本)、シュート成功率(46.9%)、2ポイントシュート成功率(51.5%)、3ポイントシュート成功率(37.9%)でキャリアベストの数字を残しており、シックスマン賞の最終候補3人に選ばれている。 ウェスタン・カンファレンスの第4シードか第5シードでシーディングゲームを終える可能性が高いサンダーは、プレイオフ1回戦でジェームズ・ハーデン率いるヒューストン・ロケッツと対戦することが確定している。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • Dennis Schroder

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンダーのデニス・シュルーダー、出産立ち合いを終えて再びバブル入りも合流時期は未定