ウィザーズが再開シーズン4連敗 八村塁は8得点、8リバウンドを記録

8月5日(日本時間6日)、フロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールドで行われたフィラデルフィア・76ers(以下、シクサーズ)とワシントン・ウィザーズの一戦は、98-107でウィザーズが敗れてシーディングゲーム4連敗を喫した。ウィザーズの八村塁は、39分で8得点、8リバウンド、2アシスト、1スティールを記録している。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

試合終盤にシーズン再開後初のスリーポイントシュート成功を記録した八村だったが、放った11本のフィールドゴールのうち2本しか決められないなど、試合を通してシクサーズの堅い守備に苦しんだ。自身に対するマークが厳しくなっていることを認めつつ、「きっちり決めないと」と八村は試合後のインタビューで語っている。 「レギュラーシーズンで何度か戦った相手なので、どういうチームなのかは分かっていました。ウィザーズは試合序盤からディフェンスも良かったのですが、終盤で力負けした感じです。(相手のマークが厳しかったことについて)それも感じましたが、自分もシュートを外したので、きっちりと決めなければいけないと感じました」 この敗戦によりマジックとのゲーム差が8となり、プレイオフ出場がさらに厳しくなったウィザーズ。残りのシーディングゲームでは、ニューオーリンズ・ペリカンズ、オクラホマシティ・サンダー、ミルウォーキー・バックス、ボストン・セルティックスと試合を行う。 次回、8月7日(同8日)に対戦するペリカンズには、注目ルーキーのザイオン・ウィリアムソンがいるが、ウィリアムソンと大学時代に対戦したことがある八村は、「同じルーキーとして活躍している選手がたくさんいるので、その中でも負けられない一戦になる」と次戦への意気込みを語った。

■76ers vs ウィザーズ戦を観る

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウィザーズが再開シーズン4連敗 八村塁は8得点、8リバウンドを記録