ケビン・ラブ、再開したシーズン不出場に複雑胸中「バスケから8か月も離れるのは…」

NBAは7月30日(日本時間31日)から、22チーム参加形式にてフロリダ州オーランドの“バブル”(隔離地域)で中断していたシーズンを再開させた。下位8チームは出場権が得られなかった格好だが、イースタン・カンファレンス最下位(19勝46敗)に沈んだクリーブランド・キャバリアーズのケビン・ラブは、再開を喜ぶ一方で複雑な胸中も覗かせている。 現時点でバブル内の344選手中、新型コロナウイルス陽性の選手はゼロをキープし、試合も予定通りに開催。ラブは自身のツイッターに「NBAバスケットボールの再開は信じられないほど素晴らしい。選手として、ファンとして、良いパフォーマンスを見るのが好きだ」と投稿した。

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

ただ、再開されたシーズンに参加できない8チームは、12月初旬の開幕が見込まれる2020-21シーズン開幕まで実戦が積めない。キャブズはサマーリーグスタイルに近い形で秋の大会開催を推奨していたが進展はなく、一部の選手が練習施設でワークアウト、あるいは自宅近くのジムで練習している状況だ。 『Sports Illustrated』のサム・アミコ記者は、9月に32歳となるベテランのラブが、“待つことしかできない”状況に複雑な胸中を明かしたコメントを伝えている。 「僕らのような下位8チームは、良い競争をすることが重要だ。真剣勝負のバスケットボールから8か月も離れることは、成長の助けにはならない」 来シーズンに向けた調整面の差は、今後さらに議論が持たれるかもしれない。

関連タグ

チーム

  • キャバリアーズ

選手

  • Kevin Love

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ケビン・ラブ、再開したシーズン不出場に複雑胸中「バスケから8か月も離れるのは…」