ジョエル・エンビード、相棒シモンズへの“愛”を主張「残りのキャリアでも一緒にいたい」

フィラデルフィア・76ersのジョエル・エンビードは、ベン・シモンズとキャリアを終えるまでコンビを組み続けたいと“ラブコール”を送った。『NBC Sports Philadelphia』のノア・レビック記者が伝えている。 コート上における相性の問題から再三2人には不仲説が浮上してきたが、エンビードは「俺は常に勝利のことを考えてきた」と雑音を一蹴している。 「彼がスペーシングを理解し始めたら、ダブルチームをかわす最も簡単な方法は、他の4人をペリメーターで待って、俺に好きなようにやらせること。もしダブルチームを受けたら、キックアウトしてシュートさせる。ベンは今それをようやく理解してやっているから、俺は嬉しいよ。それが、俺たちがチャンピオンシップを獲得するために必要なものだ」

■お得にNBAが観られるキャンペーン実施中!

身長208cmを誇る大型ポイントガードとして2年連続でオールスター出場中のシモンズは、類まれなオールラウンドな能力の一方で、キャリア通算の3ポイント成功率は8.7%(23本中2本成功)と長距離シュートが課題とされてきた。 今シーズン、センターながらチーム6位の3ポイント161本を放ち、56本を成功させている(成功率34.8%)エンビードは今年2月、「インサイドにいるのが快適だけど、時には3ポイントラインの外で多くの時間を過ごさないといけない」と“犠牲”を払っていると吐露していた。 シモンズはフロリダ州オーランド入り後にパワーフォワードとして起用され、2人のコンビネーションにはこれまでとは違ったオプションが生まれつつある。エンビードもデュオとしてさらに進化できると確信しているようだ。 「俺たちはまだ3年間一緒にプレイしただけに過ぎないし、ポテンシャルを秘めている。彼が好きだし、残りのキャリアでも一緒にプレイしたいと思っている。俺たちは今よりもはるかに成長できるし、他の誰かと一緒に戦うことは考えていない」 過去2年涙を呑んできたカンファレンス準決勝の壁を打ち破れるか。イースト6位(39勝26敗)の76ersは、8月1日(日本時間2日)にインディアナ・ペイサーズとのシーディングゲーム初戦を迎える。

関連タグ

チーム

  • 76ers

選手

  • Joel Embiid
  • Ben Simmons

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジョエル・エンビード、相棒シモンズへの“愛”を主張「残りのキャリアでも一緒にいたい」