バブル入りが遅れていたキングスのハリソン・バーンズがチームに合流、スクリメージ最終戦に出場の可能性も

スクリメージ(練習試合)でヒートとバックスに2連敗中のキングスに、頼れるベテランが戻ってくる。『NBC Sports BayArea』のジェームズ・ハム記者によると、新型コロナウイルスの感染によりフロリダ州オーランドのバブル(隔離地域)への移動が遅れていたサクラメント・キングスのハリソン・バーンズが、自主隔離期間を終えてチーム練習に参加したそうだ。 7月24日(日本時間25日)にバブルに到着し、26日(同27日)のチーム練習に参加したバーンズについて、ルーク・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)は「明日のスクリメージに備えて今日は身体接触無しの練習をする予定だったが、バーンズには3対3と4対4をプレイさせた。彼の状態は良さそうだよ。明日、彼の体調を確認して、もし問題無いようなら少しだけスクリメージに出場させるつもりだ。今のところ、彼には新型コロナウイルスの症状は出ていないし、検査結果も良好で、動きも良い。彼自身も好感触を得ているので、早くプレイしたがっている。万事良好だ」とコメントしたと、ハム記者は伝えている。 先日、ウォルトンHCは「バーンズがチームに合流するまで髭を剃らない」と、バーンズを待ち望むコメントしていた。 ゴールデンステイト・ウォリアーズ時代の2015年に優勝を経験し、今シーズンは64試合に出場して(全て先発)平均14.7得点、4.6リバウンド、2.4アシストを記録しているバーンズは、スクリメージで苦戦が続くキングスにとって心強い存在になるはずだ。 キングスは、27日(同28日)にロサンゼルス・クリッパーズとシーズン再開前の最後のスクリメージをプレイする。

関連タグ

チーム

  • キングス

選手

  • Harrison Barnes

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バブル入りが遅れていたキングスのハリソン・バーンズがチームに合流、スクリメージ最終戦に出場の可能性も