アレン・アイバーソン、“後継者”ジェームズ・ハーデンにエール「すべての称賛に値する」

ヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは、今季も平均34.4得点をマークして史上8人目の3年連続得点王に向けて邁進中だ。一方で、ボールを支配する独占的スタイルは時に非難の対象となってきたが、現役時代に同じくスコアリングマシンとして鳴らした殿堂入り選手のアレン・アイバーソンはハーデンを称賛している。 アイバーソンは『Reebok』、ハーデンは『アディダス』の契約選手。今回アイバーソンの初代シグネチャーモデルである『Question』をベースに、2人のアイデンティティを融合させたバスケットシューズが8月にリリースされる。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

『Reebok』の企画でアイバーソンとハーデンの対談が実現。ハーデンは偉大な先人に対し、「僕が今経験しているすべては、あなたが過去に経験したものだ。批判のようなネガティブなエネルギーを伴うけどね。『なぜ彼はこれをやるんだ?』と、誰も理解していないんだ」と心の内を明かした。 そしてハーデンは、スコアリングガードとして、絶対的エースとして、リーグを代表する顔の1人として、道を切り開いてくれたアイバーソンへ感謝の言葉を続けた。 「僕は自分がどこから来て、何をしているのか、なぜそれをするのかを説明したり、人に理解してもらうためにここにいるわけじゃない。僕は殺し屋だ。がむしゃらに練習してきた。世間はそれを理解するだろう。たぶん僕が引退する時、あなたに追いつくはずだ。僕はあなたのカーボンコピーのようなものだ。あなたに感謝している。道を切り開いて例を示してくれて、僕のような選手たちを後押しして自分らしくいることを手助けしてくれた」 そのような言葉を受けたアイバーソンは、逆にハーデンにエールを送っている。 「いやいや、君にはすさまじい才能がある。素晴らしい。すべての称賛に値する。常に批評家は存在するものさ。ジェームズ、君は自分がやっていることを続けてくれ」 ハーデンはアイバーソンが手にできなかったNBAタイトルを手にし、将来的に先人超えを果たせるのか、大いに注目が集まる。

関連タグ

チーム

  • ロケッツ

選手

  • James Harden

キーワード

  • ニュース全般
  • Allen Ezail Iverson
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アレン・アイバーソン、“後継者”ジェームズ・ハーデンにエール「すべての称賛に値する」