NBA、再開シーズンに参加する選手の新型コロナウイルス検査で陽性者ゼロと発表

NBAは7月20日(日本時間21日)、オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内のバブル(隔離施設)にて新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出ている選手は、7月13日に発表された最後の検査結果以降ゼロであると発表した。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

この検査はバブル内にいる計346選手を対象に行われたもので、オーランドへ向かう前に陽性反応が検出されて現地入りが遅れた選手たちからも感染者が出ていないことを意味している。ただ、まだバブル入りが遅れている選手たちも複数おり、今回の検査はリーグ再開に出場する全選手を対象に行われたわけではない。今後、陽性反応が出た選手は、NBAとNBA選手会が定めた規則を全てクリアするまで、バブル内にて1人隔離された状態で過ごすことになる。 また、NBAは7月30日(日本時間31日)から再開するシーズンに向けた各チームの登録メンバーも公式サイトにて発表。今後シーズン終了までは、この登録選手と、ウイルス感染などの健康問題や家族の事情でやむなく離脱した選手の代替え選手以外は試合に出場できない。 各チームは22〜28日(同23〜29日)にかけてそれぞれ3試合の練習試合を行う。リーグ再開に向け、いよいよ最後の調整段階へと突入することになる。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBA、再開シーズンに参加する選手の新型コロナウイルス検査で陽性者ゼロと発表