キングスのマービン・バグリー三世が右足を負傷

サクラメント・キングスのマービン・バグリー三世が右足を負傷した。チームが公式サイトにて報じている。 キングスが7月20日(日本時間21日)に発表した内容によると、バグリー三世は19日(同20日)の練習中に右足を負傷。MRI検査を受け、現在は検査の結果を待っている。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

バグリー三世は度重なる怪我により今シーズンは13試合しか出場しておらず、シーズン中断直前の21試合も左足の捻挫で長期離脱していた。12日(同13日)の会見では「僕は“競い合う”というただ1つの目的のために、ここ(オーランドのバブル)にやって来た。シーズン中断は、怪我を治して、ベストシェイプを取り戻すのに丁度良い期間になった。今はとても良い調子だ」とコメントしていたと『NBA.com』は伝えている。 2018年のNBAドラフト1巡目2位指名でキングスに入団したデューク大出身のバグリー三世は、今シーズンは1試合平均14.2得点、7.5リバウンド、0.8アシストを記録している。 ウェスタン・カンファレンス11位(28勝36敗)でシーズン再開を迎えるキングスは、プレイオフ進出ラインである8位のメンフィス・グリズリーズまで3.5ゲーム差という位置につけている。シーディングゲームの8試合が終わった時点で8位まで4ゲーム差以内の9位に順位を上げることができれば、プレイオフ進出最後の1枠を争うプレイオフ進出決定戦に進むことができる。

関連タグ

チーム

  • キングス

選手

  • マービン バグリー三世

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キングスのマービン・バグリー三世が右足を負傷