ジェイソン・テイタム、シーズン再開へ“最強の心構え”「毎晩最高の選手だと思ってる」

ボストン・セルティックスは司令塔のケンバ・ウォーカーが左膝に違和感を抱え、負荷をセーブしながらの調整が続いている。それだけに、22歳にして新エースに上り詰めたジェイソン・テイタムに懸かる期待は大きい。本人もそれを自覚しているようだ。 『NBC Sports Boston』のジャスティン・レジェ記者は、オールスター後の9試合で平均29.9得点、7.9リバウンド、3.1アシスト、3ポイント成功率46.8%とさらにギアを上げていたテイタムの意気込みを伝えている。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

「自分が何をできるのか、何のために努力しているのか分かっている。それが僕の強みだ。コートに足を踏み入れたら、毎晩自分が最高の選手だと思っている。プレイする準備はできている。おそらく最初は完璧には見えないだろうけど、目指すはプレイオフが始まる時に本調子でいること。プレイオフになったらグループとして噛み合うようにしたい」 名門デューク大出身のテイタムは、2017年のドラフト1巡目3位指名でセルティックス入り。ルーキーイヤーからスタメンの座を掴むと、平均得点を13.9→15.7→23.6と着実にアップさせ、チーム随一のポイントゲッターに成長した。今年2月には平均30.7得点、7.9リバウンド、3.2アシストの大活躍でイースタン・カンファレンスの月間MVPを獲得。オールスター初出場も果たしている。 NBAは7月30日(日本時間31日)からフロリダ州オーランドのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート内に設置した“バブル”(隔離地域)でシーディングゲーム8試合とプレイオフを再開予定。セルティックスは第2陣として8日(同9日)に現地入りし、調整を積んできた。 テイタムが中断前以上にリーダーシップを発揮できれば、プレイヤーとしても、チームとしてもステップアップできるはずだ。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Jayson Tatum

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジェイソン・テイタム、シーズン再開へ“最強の心構え”「毎晩最高の選手だと思ってる」