逆転でのポストシーズン出場を狙うブレイザーズHC「プレイオフ仕様の選手起用になる」

昨季カンファレンス決勝に進出したポートランド・トレイルブレイザーズは現在、29勝37敗でウェスタン・カンファレンス9位と、プレイオフ圏外にいる。しかし、まだまだプレイオフを狙える位置であることに加え、リーグ再開後は故障離脱していたユスフ・ヌルキッチ、ザック・コリンズの主力ビッグマン2人が復帰と明るい材料があり、ポストシーズン進出を予想する声も少なくない。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

だが、ブレイザーズのテリー・ストッツHC(ヘッドコーチ)に楽観的な考えは全くない。『NBC Sports Northwest』によると指揮官は、プレイオフ前にレギュラーシーズン残り試合として行われるシーディングゲームについて「全ての試合について、プレイオフのように負けられない試合として戦っていく」と語っているという。そして、チームの屋台骨となるデイミアン・リラードとCJ・マッカラムのガードコンビについては、プレイオフ仕様の起用法になると言及している。 「ローテーションを行う時間は短くなる。デイムとCJの出場時間は長くなるだろう」 また今、オーランドで実施している練習については、開幕前のキャンプとは違うものと考えている。 「コーチングスタッフには、これはトレーニングキャンプではないと話している。私たちは新しいチームではないからね。みんなチームの約束事を覚えている。ヌーク(ヌルキッチ)、ザックの復帰でいくつかの変更はあるが、彼らはこの数年、チームの一員だ。だからトレーニングキャンプのような扱いをすることはない」 リーグ再開後、最初からエンジン全開で行けるように、ブレイザーズは今、トレーニングに励んでいる。スタートダッシュに成功し、そのままの勢いを維持してまずはポストシーズン出場の切符をつかみたいブレイザーズは、8位のメンフィス・グリズリーズを3.5ゲーム差で追っている。

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard
  • CJ McCollum

キーワード

  • ニュース全般
  • テリー・ストッツHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 逆転でのポストシーズン出場を狙うブレイザーズHC「プレイオフ仕様の選手起用になる」