セルティックスのケンバ・ウォーカー、左膝の違和感により2日連続でチーム練習を欠席

ボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーは、違和感を抱える左膝の回復を優先させるため、7月12日(日本時間13日)に行われたチーム練習を欠席した。『The Enterprise』のジム・フェントン記者が伝えている。 NBAは新型コロナウイルスの感染拡大で中断していたシーズンを、7月30日(同31日)からフロリダ州オーランドで再開させる。セルティックスは7月8日(同9日)に地元ボストンを出発。現地での隔離期間を経て、7月10日(同11日)から練習をスタートした。 4日連続での練習となった7月12日(同13日)は初の「ハードメニュー」となったが、ウォーカーは欠席。ブラッド・スティーブンスHC(ヘッドコーチ)によれば、プレイオフに照準を合わせてベストコンディションにするためで、当初から計画されていたものだという。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

3月12日(13日)にリーグ中断となる前のラスト10試合のうち、ウォーカーは左膝痛で6試合を欠場。今季トータルで14試合を休んでいるが、その大半が左膝の故障によるものだ。ウォーカーは自粛期間が「膝の状態が好転し始めるのに役立った」と明かしていたが、練習施設が解放された6月の自主トレーニング中に左膝に「少し違和感」を覚えたという。カンファレンス3位(43勝21敗)のセルティックスはすでにプレイオフ出場を決めており、スティーブンスHCは、シーズン再開直後はウォーカーの出場時間を制限するプランを示唆している。 「ケンバ・ウォーカーに関しては、3月よりも(左膝の)状態はいいと思う。それでも、わずかな違和感でもゆっくりじっくりと物事を進め、状態を上げていきたい。4日間かけて調子を上げていこうという話をしていたが、実際はなかなか難しい。スクリメージやシーディングゲームが始まる時には、通常のプレイ時間から減らすことになるだろう。でも、最も重要なのは彼の健康で、長い目で見て膝を強化させないといけない」 『Yahoo! Sports』のキース・スミス記者は、自身のツイッターでウォーカーが13日(同14日)の練習も欠席したことをレポート。オフを挟み、15日(同16日)午後の練習からウォーカーはチームに再合流する見込みだという。 今季開幕前に、8年間を過ごしたシャーロット・ホーネッツから4年総額1億4100万ドル(計151億円)でセルティックスに加入したウォーカー。中断前までジェイソン・テイタムに次ぐチーム2位の平均21.2得点、同トップの4.9アシストを記録していた。セルティックスは7月31日(同8月1日)にミルウォーキー・バックスと再開初戦を戦う予定となっている。

関連タグ

チーム

  • セルティックス

選手

  • Kemba Walker

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. セルティックスのケンバ・ウォーカー、左膝の違和感により2日連続でチーム練習を欠席