レイカーズ加入のJR・スミス「長い間、とても落ち込んでいた」

先日、ロサンゼルス・レイカーズと契約したJR・スミスが、現地7月6日にオンライン会見を実施した。34歳のスミスは、クリーブランド・キャバリアーズの一員としてプレイした2018年11月を最後に、それ以降はNBAのコートに立っていない。しかし、エイブリー・ブラッドリーがシーズン不参加となったことにより、その代役としてチームに加入した。 長らくNBAの舞台から離れていたスミスが会見にて語った心境を『ESPN』が伝えている。

■スター選手の秘蔵映像を今すぐ観る!

「長い間、とても落ち込んでいた。そして、それは数か月続いた。ビデオゲームが大好きなのに『NBA 2K』をプレイすることもなかった。ワークアウトなど、バスケットボールに関することはなにもやりたくなかったんだ」 念願のNBA復帰を果たしたスミスは、「今は、何よりもこの瞬間に感謝している。来年があるかどうかに関係なく、今はこの全ての瞬間を楽しみたい」と、今シーズン以降のことは気にせず目の前の試合に集中するのみと続けた。 同点の場面で迎えた試合終了間際、ボールを持ちながらもリードしていると勘違いしてシュートを打たないミスを犯した2018年のNBAファイナル第1戦が印象に残るスミスだが、プレイオフ歴代9位の3ポイント成功数を誇るなど大舞台での経験は豊富。フランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)も「コンディションを整えて準備をしていたのは明らかだよ」と身体作りは申し分ないと評価したと『ESPN』は伝えている。 NBAから離れている期間は辛かったと語ったスミスは、リーグ制覇を狙うレイカーズにどんなインパクトをもたらすのだろうか。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • JR Smith

キーワード

  • ニュース全般
  • フランク・ボーゲル
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズ加入のJR・スミス「長い間、とても落ち込んでいた」