リチャード・ジェファーソン、“シャック無双”の2002年レイカーズが最強チームと主張

NBAで18年間プレイしたリチャード・ジェファーソンは、ファイナルに計4回出場した。クリーブランド・キャバリアーズ時代の2016年にはゴールデンステイト・ウォリアーズに勝利し、自身唯一の優勝を勝ち取っている。敗れた3回のファイナルは、ニュージャージー・ネッツ時代に対戦した2001-02シーズンのロサンゼルス・レイカーズと2002-03シーズンのサンアントニオ・スパーズ、そしてキャブズ時代に対戦した2016-17シーズンのウォリアーズだ。この敗れた3チームの中で、ジェファーソンは2002年のレイカーズが最強だったと考えているという。 2002年のレイカーズにはシャキール・オニール&コービー・ブライアント、2003年のスパーズにはティム・ダンカン&デイビッド・ロビンソン、2017年のウォリアーズにはステフィン・カリー、クレイ・トンプトン、ケビン・デュラント、ドレイモンド・グリーンと、どのチームにもタレントが揃っていた。どのチームもNBAの頂点を極めた素晴らしいチームだ。

『NBA SPOTLIGHT』配信中!

ジェファーソンは『ESPN』の番組『The Jump』で、この3チームの中でレイカーズが最も支配的なチームだったと思う理由を以下のように説明している。 「スパーズはツインタワーのデイビッド・ロビンソンとティム・ダンカンがいて素晴らしかったし、ウォリアーズにもケビン・デュラントがいた。ただ、シャックは別格だ」 ジェファーソンは、2017年のウォリアーズの実力は2002年のレイカーズに肉薄するレベルにあったとした上で、両チームの差はウォリアーズの“トリプルスイッチ”にあると指摘する。 「ウォリアーズはトリプルスイッチと言われるスモールボールのディフェンスが特徴だ。ステフをサイズの大きい選手にスイッチさせ、相手がポストに下りたらドレイモンド(グリーン)やKDらをポストプレイヤーにつけさせて、ステフはペリメーターに戻る」と、その守備を分析したジェファーソンは、「ウォリアーズのディフェンスが機能しているのは、相手に支配的なポストプレイヤーがいないからだ。レイカーズには通用しない」と断言する。 「なぜなら、シャックにボールを投げたら、彼はそれを空中でキャッチしてダンクしていたからね。対戦するチームは、シャックにファウルするためにビッグマン2~3人態勢で臨まざるを得なかった。その状況下では、スモールボールを実行に移す能力が必然的に下がって機能しなくなる。だからこそ、レイカーズは私が今まで対戦した中で最高のチームであり、今まで見た中でも最高のチームだ。2017年のウォリアーズはそれに肉薄していたが、シャックに対抗する術を持っていなかった」 なお、2002年のファイナルでジェファーソンのネッツはレイカーズに1勝もできずにスウィープ(4連敗)されている。2003年のスパーズには2勝4敗、2017年のウォリアーズには1勝4敗だった。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ
  • レイカーズ

キーワード

  • ニュース全般
  • コービー・ブライアント
  • シャキール・オニール
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. リチャード・ジェファーソン、“シャック無双”の2002年レイカーズが最強チームと主張