ドレイモンド・グリーンはアウェイ連戦に帯同せず

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、これから約1週間に渡ってロード・トリップ(アウェイ連戦)に出る。スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)によると、このアウェイ連戦の間、ドレイモンド・グリーンはチームに帯同しないそうだ。 グリーンは、右足つま先の捻挫により現地11月15日から欠場が続いている。カーHCは、同12月3日の朝のインタビューで、グリーンがアウェイ連戦に帯同しないことを発表したが、来週中のどこかのタイミングで彼が復帰することを望んでいるようだ。 ウォリアーズは、アトランタ・ホークス、クリーブランド・キャバリアーズ、ミルウォーキー・バックス、ミネソタ・ティンバーウルブズの4チームとアウェイで連戦する。グリーンは、同11月8日に右足つま先を捻挫し、以降の13試合中10試合を欠場している。 ウォリアーズは、グリーンが欠場したここまでの11試合を5勝6敗と負け越している。3度のオールスター出場歴を持つグリーンは、今シーズン1試合平均6.9得点、7.5リバウンド、7.2アシスト、フィールドゴール成功率44.4%を記録している。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • Draymond Green

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ドレイモンド・グリーンはアウェイ連戦に帯同せず