NBAドラフト候補生が殺害容疑で逮捕

今年のNBAドラフトにエントリーしていたテュレーン大のテショーン・ハイタワーが、殺人と暴行を含む複数の容疑で逮捕されていたことが、4月27日(日本時間28日)、『AP通信』の報道によって明らかとなった。25日(同26日)に逮捕されたハイタワーは、8日(同9日)に起きたジョージア州ストックブリッジでの殺人事件に関与した6人のうちの1人として容疑がかかっていた。 銃撃を受けた被害者のデバンテ・アンソニー・ロング氏は、病院に搬送されたあと死亡。拘置記録によると、容疑者の6人のうち、ハイタワーとその兄弟であるジェフリーを含む5人がすでに拘束されているとのこと。ハイタワーの弁護士は、今回の事件で銃を撃ったのは兄弟のジェフリーであり、またそれも自己防衛であったと、無罪を主張している。 事件が起きた日にハイタワーは、自身のツイッターにて「神様、僕の仲間を助けて下さい」と投稿していたと、同メディアは報じている。 テュレーン大でアスレチックディレクターを務めるトロイ・ダネンは、逮捕が報じられた直後にハイタワーをバスケットボール部から退部させたと声明を発表。22歳のハイタワーは、事件が起きた10日後の18日(同19日)に、NBAドラフトへのエントリーを宣言していた。 ジョージア州リソニア出身のハイタワーは、同大でプレーしていた昨シーズンに平均15.9得点、4.6リバウンド、2.4アシストを挙げていた。拘置記録によると、ハイタワーは5月3日(同4日)に出廷する予定だという。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • NBAドラフト
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAドラフト候補生が殺害容疑で逮捕