ペイサーズのマルコム・ブログドンが怪我の完治を宣言

インディアナ・ペイサーズのマルコム・ブログドンが、今年3月に断裂した大腿四頭筋が完治したことを宣言した。 ブログドンはチームの公式ツイッターに「I'm 100%(私は100%の状態だ)」というビデオメッセージを投稿。怪我が無事完治したことをファンに報告したと、『NBC Sports』のカート・ヘリン記者が報じた。 現在、新型コロナウイルスによりNBAのシーズンは中断しており、今後の予定がどうなるかは未定となっている。だが、もしシーズンが再開されるようであれば、ブログドンとビクター・オラディポという強力なガードコンビが揃うペイサーズは、プレイオフで台風の目となる可能性がある。 現在の順位のままプレイオフが始まれば、ペイサーズは1回戦でジミー・バトラー擁するマイアミ・ヒートと対戦することになるが、このマッチアップは、イースタン・カンファレンス屈指の注目カードになるだろう。 昨オフのサイン&トレードでミルウォーキー・バックスからペイサーズに移籍したブログドンは、オラディポが長期離脱している間、チームのボールハンドラー兼クリエイターとして活躍。48試合の出場で1試合平均16.3得点、4.7リバウンド、7.1アシストという好成績を記録していた。 ブログドンの活躍もあり、ペイサーズは怪我人に悩まされながらも39勝26敗でカンファレンス5位につけている。

関連タグ

チーム

  • ペイサーズ

選手

  • Malcolm Brogdon

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペイサーズのマルコム・ブログドンが怪我の完治を宣言