JJ・レディック、古巣シクサーズのブラウンHCを擁護「彼が問題だとは思えない」

今シーズンはリーグ中断前の時点で39勝26敗と、51勝31敗を記録した昨シーズンほどの結果を残せていないフィラデルフィア・76ers。この原因としてブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)の手腕を批判する声が増えてきている。 そんななか、ニューオーリンズ・ペリカンズのJJ・レディックが古巣シクサーズについて言及し、ブラウンHCを擁護した。 レディックは『The Athletic』の取材で「再びブレットの下でプレイしたい。ある特定の人物を批判するのは簡単だ。もしシクサーズに何か問題があったとしても、僕はそれがブレットだとは思えない」とコメントした。 さらに「彼は信じられないほど細部まで徹底している。僕が最も感謝しているのは、彼が本当に思いやりのある人であったということ」と語り、次のようにブラウンを称えている。 「ミーティング、フィルムセッション、練習など、彼が行う毎日のスケジュールには明確な目的がある。すべてが考え抜かれ、綿密に作成されている。これこそ、彼が指導者としてこのレベルに到達した主な理由だと思う」 今シーズン、オフに加入したペリカンズで54試合に出場し、1試合平均14.9得点をマークしているレディック。シクサーズに在籍していた昨シーズンまでの2年間では、平均17.6得点を記録するなど自己最高の成績を記録していた。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ
  • 76ers

選手

  • JJ Redick

キーワード

  • ニュース全般
  • ブレット・ブラウンHC
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. JJ・レディック、古巣シクサーズのブラウンHCを擁護「彼が問題だとは思えない」