ジャズのルディ・ゴベア、不仲が噂される同僚ドノバン・ミッチェルとの関係について言及

4月12日(日本時間13日)、ユタ・ジャズのルディ・ゴベアが地元紙『ソルトレイク・トリビューン』の取材に応じ、不仲が報じられたドノバン・ミッチェルとの関係などについて語った。 NBA選手では最初の新型コロナウイルス感染者として報じられたゴベアは、感染が明らかになる前、他の選手に気軽に触れ合うなど軽率な行動をとっていたことが伝えられていた。そのことがきっかけとなり、後にウィルス感染が明らかになったミッチェルとゴベアの関係が悪化していることをメディアは報じている。 ゴベアは注目を集めるミッチェルとの仲について、地元紙に以下のように語っている。 「しばらくの間、僕たちが話をしていなかったのは事実だ。ただ、数日前に連絡をとった。僕たちは優勝を目指すチームのために全力を尽くす準備ができている。プロフェッショナルに振る舞うことがすべてだ。みんな異なる関係であり、たとえ結婚していても完璧ではない。だから、僕とチームメイトとの関係も完璧ではない。しかし、最終的に僕たちは、勝利という同じ目標に向かっている。お互い大人の男だから、勝利のために一緒に戦う」 また、ゴベアは感染が発覚する前、試合後の会見で冗談交じりにメディアのマイクやレコーダーをわざと触った自身の行為を後悔していると続けた。 「マイクを触った行為によって僕の印象はとても悪くなった。世間はひとつの行動や短い映像で、人物を判断することがある。決してそんなことはないのに、あの行動によって、僕は他人の命や健康について配慮できない人間と思われてしまった」 今シーズンのジャズについて「とても親密なグループだ。僕たちは互いを思いやり、試合になったらチームとして相手を上回るという気持ちで戦っている」と語ったゴベア。リーグ再開後、この結束力を維持できるかがチームの浮沈を左右する大きな鍵となるだろう。

関連タグ

チーム

  • ジャズ

選手

  • Rudy Gobert
  • Donovan Mitchell

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ジャズのルディ・ゴベア、不仲が噂される同僚ドノバン・ミッチェルとの関係について言及