NBA、シーズン再開前に25日間の準備期間を設けるプランを計画

現在、新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが中断中のNBAだが、先日、アダム・シルバー・コミッショナーは早くても5月にならないと今後に関して決断を下すことはできないと発言した。そんななか、『ESPN』のブライアン・ウインドホースト記者は、もしリーグが再開するとなった場合、選手たちのコンディションを整えるため、NBAが25日間の準備期間を設けることを計画していると伝えた。 同氏は、この準備期間について、各チームはまず感染防止のためのソーシャルディスタンスを取りながら11日間の個別ワークアウトを行い、その後、14日間にわたるトレーニングキャンプにて5対5などの練習を実施すると、その内容を説明している。 現在NBAは、選手たちがチーム施設に立ち入ることを禁止している。そのため、豪邸に住む一部の面々を除き、自宅に十分なトレーニング施設、バスケットボールリングを設置できない選手たちは、バスケットボールから離れることを余儀なくされ、うまくコンディション調整ができていない状況だ。よって、今シーズンを再開するためには、コンディションを取り戻すための準備期間が不可欠と見られていた。 各チームはそれぞれレギュラーシーズンを13〜16試合残しているが、例えシーズンを再開できたとしてもこの残り全試合を消化するのは難しいと考えられている。また、再開する場合はプレイオフからいきなりスタートするのか、そのプレイオフの方式も本来の4戦先勝から短縮するのかなど、シーズン再開にはまだまだ多くの課題が残されている。

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBA、シーズン再開前に25日間の準備期間を設けるプランを計画