ウォリアーズのルーキー、エリック・パスカルの思い出に残った瞬間は?

『95.7 The Game』のホワイトリー・サンドレットのインスタグラム・ライブ『Ask Me Anything』に出演したゴールデンステイト・ウォリアーズのルーキーのエリック・パスカルが、これまでのキャリアで最も思い出に残った瞬間について語った。 昨年のNBAドラフト2巡目全体41位でウォリアーズに入団したパスカルにとって忘れられない瞬間は、今シーズンの7試合目にあたる2019年11月4日(日本時間5日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で訪れたそうだ。 パスカルは、「その日は俺の23歳の誕生日だったし、試合で34得点を記録したから、文句のつけようがない1日だったと言えるよ。だから、その試合が俺の一番お気に入りの試合だ」とコメントしている。 なかでも、チェイス・センターの観客からMVPコールを贈られたことは、パスカルにとって特別な体験になったそうだ。 「あれは俺の人生で最もワイルドな瞬間だったよ。俺はルーキーだし、その時はまだ4〜5試合程度しか試合に出場していない段階だったから、MVPコールをするには早過ぎると思ったんだ。俺は『なんてクレイジーなんだ』という感じだったよ。でも、あれは凄くクールな体験だった。ダブネーション(ウォリアーズのファン)は全米ナンバーワンのファンだ。それは間違いないよ」

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • エリック パスカル

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズのルーキー、エリック・パスカルの思い出に残った瞬間は?