レイカーズとネッツの全選手が新型コロナウイルスの陰性に

チーム内の2選手から新型コロナウイルスの陽性反応が出たロサンゼルス・レイカーズは、検査から2週間後の3月31日(日本時間4月1日)に、チームの全選手から新型コロナウイルスの兆候が見られなかったことを発表した。 レイカーズは、3月10日(同11日)に対戦したブルックリン・ネッツの4選手から新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを受けて急遽全17選手中14選手の検査を実施し、その際に2名の選手が新型コロナウイルスに感染していることが発覚した。 『CBS New York』によると、ネッツも2週間後の再検査でチームの全選手から新型コロナウイルスの兆候が見られなかったことを発表したそうだ。陽性反応が出たネッツの4選手の中には、スター選手のケビン・デュラントも含まれていた。 『ESPN』のデイブ・マクマナマン記者によると、先週の『Road Trippin』(ポッドキャスト)にゲスト出演したレイカーズのレブロン・ジェームズは、リーグ再開後に各チームが5〜10試合のレギュラーシーズン・ゲームをプレイしたあとにプレイオフをするべきだと主張したそうだ。 その理由についてジェームズは「NBAの全選手が60試合以上をプレイして順位を争っていたのだから、シーズン中断前の順位のままプレイオフを始めるべきではない」とコメントしている。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • ネッツ

選手

  • LeBron James

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズとネッツの全選手が新型コロナウイルスの陰性に