クリス・ポール、家族との時間の大切さを痛感「一日中、父親・夫でいられるのは最高」

NBAは現在、世界で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響により、シーズンが無期限で中断している。チーム練習は禁止され、選手たちは自宅隔離を余儀なくされているなか、オクラホマシティ・サンダーの司令塔クリス・ポールは、家族との時間を大切にしているようだ。 ポールはNBA15年目の今季、ヒューストン・ロケッツからサンダーへ移籍。2年目のシャイ・ギルジャス・アレキサンダーの成長を促すなど、絶対的なリーダーとしてカンファレンス5位(40勝24敗)につけるチームを牽引してきた。 2005年のプロ入り後、ずっと第一線を走り続けてきたポール。2013年からは選手会会長も務めており、コート内外でその役割は多岐にわたる。これまで家族との時間は限られてきただけに、新型コロナウイルスによるシーズン中断、そして自宅待機によって生まれた時間は愛する妻と10歳の息子クリス・ポール2世、7歳の娘カムリン・アレクシス・ポールに費やしているという。 ロサンゼルス・クリッパーズ時代の同僚であるカロン・バトラーの『The Tuff Juice Podcast』に出演した際、ポールは父親としてのこれまでの“葛藤”について明かした。 「過去15年間、僕は(シーズンで全米各地を)絶え間なく移動してきた。父親としてマジであり得ないよ。翌日に試合が控えていると、息子とバスケットボールをしたり、走ったりできないことが多々ある。足の負傷とかリスクを避けないといけないからね。今は(新型コロナウイルスで)大変な状況だけど、服を洗ったり、朝食を作ったり、一日中、父親、そして夫でいられることは最高さ。特に今年は、単身赴任でオクラホマに住んでいたからね。今が(家族として)再びつながる時なんだ」 『ESPN』は6月中旬のシーズン再開を報じていた一方で、アメリカは新型コロナウイルスの感染者が世界最多の18万8,172人(ジョンズ・ホプキンス大学集計。4月1日8時49分時点)にのぼっており、先行きは不透明。最悪シーズン打ち切りの可能性もある。選手会会長のポールも「正直どうなるか分からない」と明言を回避している。 「選手たちが気にしているのは知っているし、どうにかシーズンを再開できることを願っている。これはクレイジーな問題だ。現時点で答えはないよ」 ポールは父親としての役割をまっとうしつつ、来たるべきシーズン再開に向けて選手としても虎視眈々と準備を続けている。

関連タグ

チーム

  • サンダー

選手

  • Chris Paul

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. クリス・ポール、家族との時間の大切さを痛感「一日中、父親・夫でいられるのは最高」