八村塁がWHOとNBPAを代表してコメント「新型コロナウイルスに関する正しい情報を伝えてください」

ワシントン・ウィザーズの八村塁(日本)、オクラホマシティ・サンダーのダニーロ・ガリナーリ(イタリア)、フェニックス・サンズのリッキー・ルビオ(スペイン)ら外国籍のNBA選手3名が、WHO(世界保険機構)とNBPA(NBA選手協会)の公共広告で新型コロナウイルスの感染予防を訴えた。 この動画の中で八村は「大変な状況ではありますが、お互いに助け合いましょう」とコメントしたほか、「他人に情報を伝える時は、その情報が正しいことを確かめてからにしましょう」と注意喚起している。 また、ガリナーリは、感染症の専門家の意見を重要視することや、手洗いやうがい等の感染症予防を徹底すること、他人との距離を置くことをアピールし、ルビオは医師や看護師への感謝の言葉を述べた。 『NBC Sports Washington』のエリック・マイヤーズ記者は、NBAにドラフトされた初の日本人選手であり、日本国内で絶大な影響力を誇る八村が、その存在感を生かして新型コロナウイルスの感染予防を訴えたことを高く評価している。今年2月、NBAは日本国内におけるNBAのジャージー売り上げ1位の選手は八村だったと報じている。 この動画では、新型コロナウイルスに関する情報はWHOのウェブサイトでチェックするように伝えている。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • 八村 塁

キーワード

  • ニュース全般
  • 新型コロナウイルス
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 八村塁がWHOとNBPAを代表してコメント「新型コロナウイルスに関する正しい情報を伝えてください」