ダーク・ノビツキーは12月中に復帰か?!

プロ入りからダラス・マーベリックス一筋でプレーしてきたダーク・ノビツキーが、21年目のシーズン初戦を遂に迎えるようだ。7ヶ月前に足首を手術したノビツキーは、当初の予想よりも復帰時期が遅くなったが、ようやく12月中に復帰できる見通しが立ったそうだ。 現地11月16日の試合前に行われたインタビューで、13回のオールスター出場歴を誇るノビツキーは、徐々に練習の量を増やしつつ調整を続けているとコメントしていた。 2017-18シーズン終了後、ノビツキーは左足首にできた骨のトゲを除去する手術を受けていたが、当初は今シーズンの開幕までには完治すると見られていた。しかし、彼は夏の終わり頃に足首の腱に痛みを抱えるようになり、その後は復帰時期が不透明な状況となっていた。 40歳のノビツキーは、プロ入りから1つのチームでプレーし続けた年数でNBA歴代最長記録となる21シーズン目を迎える。同部門でNBA歴代2位の記録を持つのは、ロサンゼルス・レイカーズで20シーズンという長きに渡ってプレーし、2016年に引退したコービー・ブライアントだ。

関連タグ

チーム

  • マーベリックス

選手

  • Dirk Nowitzki

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ダーク・ノビツキーは12月中に復帰か?!