NBAが各チームの新型コロナウィルス対策に関する情報を収集中

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、NBAが各チームの新型コロナウィルス対策に関する情報を収集しているようだ。 各チームに送られたメモの中には「3月10日(日本時間11日)までに回答するように」と書かれていたと、ウォジナロウスキー記者はリポートしている。 さらに、NBAは9日(同10日)にNBA全チームの医師とトレーナーと電話会議を行い、感染症の専門家との意見交換を行ったそうだ。その会議では、チーム施設や、選手と接触する可能性のある職員のウィルス検査について話し合われたと見られている。 NBAは、遠征するチーム関係者の人数を制限することや、選手やスタッフの手の消毒を徹底することを、各チームに指示しているほか、ファンと握手したり、ファンのサインに応じることを控えるように、選手にアドバイスしている。 新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、シーズンの中断・延期や無観客試合の可能性も囁かれているが、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズは「試合会場に観客がいなかったら、俺はプレイしない」と発言し、ユタ・ジャズのエド・デイビスも「無観客試合なんて、練習しているのと何ら変わらない。俺たちはファンのためにプレイしているんだ」とコメントするなど、選手にも動揺が走っている状況だ。 また、ボストン・セルティックスのブラッド・スティーブンス・ヘッドコーチは「無観客試合をするぐらいなら、試合をしない方が良い。だが、もし無観客試合をすると言うのなら、試合は午後の早い時間に行ってほしい」と語っている。 10日の回答を受けてNBAがどのような判断を下すのか、注目だ。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

選手

  • LeBron James
  • Ed Davis

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. NBAが各チームの新型コロナウィルス対策に関する情報を収集中