コービー・ブライアント、ファイナル着用ユニフォームなど記念品がオークション出品へ

元ロサンゼルス・レイカーズのスーパースターだったコービー・ブライアントが、ヘリコプターの墜落事故で亡くなってから1カ月が経過した。2月24日(日本時間25日)にはレイカーズの本拠地ステイプルズ・センターで追悼式が行われたが、コービーの現役時代の記念品が4月開催のオークションに出品されるという。 オークションハウス『Julien's Auctions』は2月27日(同28日)、1984年に行われたロサンゼルス五輪の銀メダルや2002年のFIFAワールドカップ金メダルを含むスポーツオークションを4月30日(同5月1日)に開催すると発表。『AP通信』によれば、コービーのレイカーズのユニフォームやハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターに刻まれた手形などの記念品が出品されるという。 『Julien's Auctions』の社長兼CEOであるダレン・ジュリアン氏は、コービーの記念品がケンタッキーのコレクターによって販売されていたと明かし、「彼のアイテムをコレクションに加えることを光栄に思うし、バスケットボールファンだけでなく、全世界にインスピレーションを与えた偉人に敬意を表する」とコメントしている。 オークションにはコービーが2000年のNBAファイナルで着用したユニフォームと、プロ入り当初につけていた「8番」のユニフォームのほか、アディダスのサイン入りゲームシューズ、パウ・ガソルやメッタ・ワールド・ピース(当時ロン・アーテスト)ら2010-11シーズン所属メンバーのサインが入ったチームボールなどが出品される。 また、これらの記念品は4月27日(同28日)~30日(同5月1日)までビバリーヒルズで一般公開される予定だという。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

キーワード

  • ニュース全般
  • Kobe Bean Bryant
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. コービー・ブライアント、ファイナル着用ユニフォームなど記念品がオークション出品へ