ホークス新加入のクリント・カペラ、最低でもあと2週間は欠場へ

踵を痛めているアトランタ・ホークスのクリント・カペラは、あと2週間は欠場するという。カペラは今月初旬、ホークス、ヒューストン・ロケッツ、デンバー・ナゲッツ、ミネソタ・ティンバーウルブスの4チーム間で計12選手が絡んだ大型トレードによってロケッツから加入。しかし、まだホークスでは出場できずにいる。 『ESPN』は現在のカペラの状態について、シューティング練習を行なっているものの、コンタクトがあるメニューには参加していないと報じている。最後にプレイしたのはロケッツ在籍時の1月29日(日本時間30日)で、今シーズンはここまでロケッツで39試合に出場、1試合平均13.9得点、13.8リバウンドを記録している。 他のホークスのトレード加入選手では、ポートランド・トレイルブザイザーズから獲得したスカル・ラビシエも欠場が続いている。ブザイザーズで33試合に出場し、平均5.8得点、5.1リバウンドを挙げているラビシエだが、ひざの負傷で12月28日(同29日)の試合を最後に欠場中。彼もカペラと同じく2週間後に再検査の予定だ。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • ホークス

選手

  • Clint Capela

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ホークス新加入のクリント・カペラ、最低でもあと2週間は欠場へ