アンドレ・イグダーラ、ライリー社長と対面前に契約延長を決断「DNAを知っていた」

■初月無料でNBAを観る

アンドレ・イグダーラは2019-20シーズンのトレード期限最終日となる2月6日(日本時間7日)、3チーム計7人が絡むトレードでマイアミ・ヒート移籍が成立した。すでに新天地で3試合に出場し、平均4.3得点、5.3リバウンド、2.3アシストといぶし銀の活躍を見せているが、トレードが成立する前から新天地での契約延長を決意していたという。 36歳のイグダーラは、2013年から所属したゴールデンステイト・ウォリアーズでスーパーサブとして計3度の優勝に貢献。昨年7月にメンフィス・グリズリーズへトレードされたが、優勝を狙えるチームでのプレイを望み、今季は1試合も出場していなかった。 トレード期限最終日にヒート移籍が決まり、シーズンも折り返しを過ぎた2月9日(同10日)のポートランド・トレイルブレイザーズ戦で初出場。加入後、オールスターブレイクまでの3試合は1勝2敗となったが、その豊富な経験を生かして若いチームを牽引する働きが期待される。 『マイアミ・ヘラルド』のバリー・ジャクソン記者によれば、イグダーラは2月12日(同13日)、エリック・スポールストラHC(ヘッドコーチ)やパット・ライリー社長と話すことなく、2年3000万ドル(約33億円)の契約延長(2年目の2021-22シーズンはチームオプション)に合意していたことを明かしたという。 「レギュラーシーズンやプレイオフで彼らと戦って、好感を抱いていた。チームについてだいたいのことは知っていたからね」 イグダーラは過去にライリー社長の著書『The Winner』を読み、インスパイアを受けていたようだ。 「5、6年前だね。そのチームの一員になる可能性が出てきたから、不思議な気分だった。ヒートは本当に優秀なタレントが揃っていて、成長過程にある。俺はすでに(ヒートの)DNAを知っていた」 イグダーラは2019年のNBAファイナル第6戦から約8か月間、実戦から遠ざかっていたが、ボクシングを週に数回、ピラティスを週に1回、混合バスケットボールとサイクリングを毎日行ってコンディションを保っていたという。36歳ながら体脂肪率6%とも言われており、シーズン後半戦、そしてポストシーズンでも頼れる存在となりそうだ。

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Andre Iguodala

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンドレ・イグダーラ、ライリー社長と対面前に契約延長を決断「DNAを知っていた」