アンドレ・イグダーラがヒートへ! グリズリーズのジャスティス・ウィンズローとトレード

『ESPN』のエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、メンフィス・グリズリーズとマイアミ・ヒートとの間でアンドレ・イグダーラが絡むトレードが合意に至ったようだ。 ウォジナロウスキー記者によると、グリズリーズはイグダーラの見返りとしてジャスティス・ウィンズローを獲得するそうだ。ウィンズローは、怪我の影響で今シーズンは11試合にしか出場していない。 さらに、イグダーラはヒートと2年3000万ドル(約33億円)の契約延長にも合意したと伝えられている。 ゴールデンステイト・ウォリアーズ時代に3度の優勝を経験し、2015年にはファイナルMVPも受賞したイグダーラは、昨年グリズリーズにトレードされたが、グリズリーズではプレイしないことを自ら宣言。今シーズンはまだ1試合も出場していなかった。 しかし、グリズリーズはイグダーラを解雇やバイアウトしたり、低い条件でトレードに出すことを断固として拒否してきた。そのグリズリーズの判断の裏には、スモール・マーケット・チームの意地があったと、『ESPN』のケビン・アーノビッツ記者は報じている。 今回のイグダーラのようなケースでは、チーム側は選手の残りサラリーを買い取る『バイアウト』という道を選択して、その選手を放出するのが一般的だ。しかし、グリズリーズはイグダーラの残りサラリーの85%を支払って、彼を他のチームに渡すことを早々に拒否した。 これは、スモール・マーケット・チームだからといって決して下手に出ないという、グリズリーズの新しいフロント・オフィスの決意の表れだ。グリズリーズは、このイグダーラの処遇によって「我々はリーグの育成機関ではない。才能ある選手を揃えて日々の試合をプレイしなければ、優勝に向かうチームの文化は築けない。選手に言われるがままに対処するのは、選手、コーチ、職員、ファン、スポンサー、エージェントたちに、『我々はドアマット・チーム(強いチームに負け続けるチーム)だ』と宣言するようなものだ」という強い姿勢を示したのだ。 グリズリーズは、ルーキーのジャ・モラントや、2年目のビッグマンのジャレン・ジャクソンJr.らの活躍により予想外の大健闘を見せており、現在はウェスタン・カンファレンスのプレイオフ圏内の8位につけている。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

選手

  • Andre Iguodala
  • Justise Winslow

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンドレ・イグダーラがヒートへ! グリズリーズのジャスティス・ウィンズローとトレード