ウェスト首位のレイカーズ、ベテランPGデリック・ローズの獲得に関心か

ウェスタン・カンファレンス首位を走るロサンゼルス・レイカーズが、シーズン終盤戦のギアアップに向けてデトロイト・ピストンズのデリック・ローズ獲得に関心を示しているという。 レイカーズは今季、レブロン・ジェームズがポイントフォワードとしてゲームメイクを務め、リーグ1位の平均10.9アシストを記録。さらに、優勝経験を持つベテランのラジョン・ロンド、地元LAの人気者アレックス・カルーソ、長距離砲が魅力のクイン・クックがベンチに控える。 そのなかで、『Yahoo! Sports』のクリス・ヘインズ記者によれば、レイカーズは終盤戦のスパートのためにポイントガードの獲得を目論み、ローズに熱視線を送っているという。 2008年のドラフト1巡目1位指名でNBA入りしたローズは、ルーキーイヤーに新人王を獲得し、3年目の2010-11シーズンには平均25.0得点、4.1リバウンド、7.7アシストを挙げて史上最年少の22歳6カ月でシーズンMVPを受賞。その後は左膝の前十字靭帯断裂、右膝の半月板断裂など大怪我に見舞われて各チームを渡り歩き、今季加入したピストンズで平均18.3得点、5.9アシストと再び輝きを取り戻しつつある。 レイカーズの他に、フィラデルフィア・76ersなど優勝を狙う複数のチームがローズの獲得に興味を示しているとされるが、ロサンゼルス・クリッパーズに関してはリストアップしたものの、一般的な調査にとどまったようだ。 レイカーズ移籍が実現すれば、クリーブランド・キャバリアーズに在籍した2017-18シーズン以来のレブロン・ジェームズとの共闘になる。しかし、当のローズ本人は760万ドル(約8億4000万円)の契約が1年残っていることも含めてピストンズの環境に満足しており、トレードされることを望んでいない、とヘインズ記者はレポートしている。 はたして、レイカーズの優勝へのラストピースはローズになるのだろうか。

■初月無料でNBAを観る

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • ピストンズ

選手

  • Derrick Rose

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウェスト首位のレイカーズ、ベテランPGデリック・ローズの獲得に関心か