古巣サンダーとの一戦を控えるロケッツのラッセル・ウェストブルックについて、サンダーのGMが声明文を発表

ヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルックにとって、現地1月9日に行われる古巣オクラホマシテティ・サンダー戦は、移籍後初の凱旋試合となる。サンダーのサム・プレスティGMは8日、長年にわたってサンダーをけん引してきたウェストブルックの凱旋について、以下の通り声明文を発表している。 「ラッセル・ウェストブルックは10年以上にわたって、サンダーとオクラホマシティのコミュニティーに全てを捧げてくれた。サンダーが文字通り何もない状態だった頃にキャリアをスタートさせた彼は、チームの顔としてファンにたくさんの感動をファンに届けてくれた。何よりも徹底して取り組み、継続し、全力を尽くす姿勢が、オクラホマシティでの彼の功績を確固たるものにした。彼がチェサピークのコートに立つことは、オクラホマシティにとって歴史的瞬間となるだろう」 ウェストブルックは、キャリアをスタートさせた2008年から11シーズンにわたってサンダーでプレイし、8度のオールスター選出やシーズンMVPなど、数々の功績を残した。ウェストブルックはコート外での影響も大きく、オクラホマシティの顔として、様々な地域活動にも積極的に参加してきた。

関連タグ

チーム

  • サンダー
  • ロケッツ

選手

  • Russell Westbrook

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 古巣サンダーとの一戦を控えるロケッツのラッセル・ウェストブルックについて、サンダーのGMが声明文を発表