アンソニー・デイビス、レイカーズが提示したマックス額の契約延長を拒否

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスが、チームが提示した契約延長のオファーを断ったことが『Yahoo! Sports』の報道で分かった。 同紙のクリス・ヘインズ記者によると、現地1月7日、レイカーズはデイビスに4年1億4,600万ドル(約157.5億円)というマックス額での契約延長を提示したが、デイビスはそのオファーを断り、7月に制限なしのフリーエージェント権を獲得する意向だという。 また契約延長を拒んだデイビスだが、それは決してレイカーズを去るためではなく、あくまでも今シーズンのプレイに集中するため、そして契約の金額面が理由であるとリーグの情報筋が伝えている。デイビスは自身が持つ2,870万ドル(約31億円)という来シーズンのプレイヤーオプションを放棄すれば、夏にフリーエージェントとして5年2億200万ドル(約218億)という金額で契約を延長することができる。 デイビスは今シーズン、ウェスタン・カンファレンス首位を走るレイカーズの原動力として、平均27.7得点、9.5リバウンド、2.6ブロック、1.5スティールという好成績を残している。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Anthony Davis

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. アンソニー・デイビス、レイカーズが提示したマックス額の契約延長を拒否