レイカーズがドワイト・ハワードの契約を完全保証

ロサンゼルス・レイカーズが無保証契約を結んでいるドワイト・ハワードを、同契約の期限日である現地1月7日に解雇せず、今シーズン終了までの完全保証契約に更新すると『ESPN』のデイブ・マクマナマン記者が報じた。 昨年8月、前十字靭帯を断裂したデマーカス・カズンズの代役として古巣レイカーズと無保証契約を結んだハワード。当初は問題児として見られていたハワードを迎え入れるレイカーズの選択を懐疑的に見るものも多かったが、その意見が間違いであったことをハワードは自らのプレイで証明したと言えるだろう。 自身のキャリアで初めてセカンドユニットのアンカー役を任された34歳のハワードは、ここまで平均7.1得点、6.8リバウンド、1.4ブロック、FG成功率73.8%を記録しており、ウェスタン・カンファレンス首位を走るレイカーズのキープレイヤーとして印象的な活躍を続けている。 レイカーズがフランチャイズ歴代2位となる20ブロックを記録した1月4日のニューオーリンズ・ペリカンズ戦で5ブロックを記録したハワードは試合後、ローラーコースターのような自身のキャリアを振り返った。 「苦しくても耐えなければいけない。それが人間というもの。タフな状況でも自分をしっかり持って乗り越えるんだ。やるのは難しい。ただ諦めてしまったら、出口がどこにあるか分からなくなってしまうんだ」 前日にはオールスターのスラムダンク・コンテストに招待されたことが報道されるなど、謙虚な姿勢で再起のチャンスを見事に掴んだハワード。生まれ変わった“スーパーマン”の今後の活躍にも期待したい。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Dwight Howard

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. レイカーズがドワイト・ハワードの契約を完全保証