キングスがレイカーズのカイル・クーズマ獲得に興味

サクラメント・キングスが、放出が噂されるロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマの獲得を検討していると、『ニューヨーク・タイムズ』のマーク・スタイン記者が報じた。 スタイン記者はツイッターにて「リーグの情報筋によると、キングスはクーズマのトレード話をレイカーズに持ちかけているチームのひとつ。またキングスは、トレードを成立させるにはシューターのボグダン・ボグダノビッチ(近々、制限付きFAとなる)を第一の駒にしなければいけないと理解しているようだ」とリポートしている。 今シーズン、キングスは15年ぶりのプレイオフ出場を狙っていたが、マービン・バグリー三世や、ディアロン・フォックスなど相次ぐ主力の怪我の影響もあり、ここまで13勝23敗、ウェスタン・カンファレンス13位と苦戦している。しかしプレイオフ出場圏内となる同8位のサンアントニオ・スパーズとは2ゲーム差とまだ目標達成の可能性を十分に残しており、浮上するための起爆剤としてクーズマ獲得を模索しているようだ。 ただその一方で『The Athletic』のサム・アミック記者は、「キングスはボグダノビッチを放出することに難色を示しているようだ。ボグダノビッチは来オフに制限付きFAとなるが、キングスは彼の万能性を評価しており再契約も考えている」と伝えている。また同サイトでキングスを担当するジェイソン・ジョーンズ記者も、「よほど魅力的なオファーがない限り、キングスはボグダノビッチを売りに出さない」と付け加え、トレード成立のハードルが高いことを示している。 セルビア出身のボグダノビッチは3年目の今シーズン、ベンチから平均14.5得点、3.6アシスト、3.0リバウンド、3ポイント成功率38.6%の成績を残すなど、キングスのシックスマンとして活躍している。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ
  • キングス

選手

  • Kyle Kuzma

キーワード

  • 移籍・トレード
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. キングスがレイカーズのカイル・クーズマ獲得に興味