注目株ポーターJr.が躍動、若手育成と勝利の両立を目指すナゲッツ

現地15日、デンバー・ナゲッツはニューヨーク・ニックスに111対105と競り勝ち、3連勝を達成した。この試合、ナゲッツは大黒柱ニコラ・ヨキッチが25得点、10リバウンド、5アシストとチームをけん引したが、2年目の若手マイケル・ポーターJr.の活躍も目立った。 ポーターJr.は10分56秒の出場で9得点、8リバウンド、2アシスト、1ブロックを記録。その非凡な能力を高く評価されている彼だが、一方で故障により過去2年はほとんどプレイしていなかった。そのため、まだゲーム勘を取り戻している途中で、自身の状態について次のように語っている。 「試合を重ねるごとに、感覚は良くなっている。より自由に自分のプレイができていると感じる」 ポーターの成長を考えると、これから出場時間をどんどん増やしていくのが理想的だ。しかし、ナゲッツはNBAファイナル進出を狙える強豪だ。目先の勝利と育成のバランスを取るのは難しく、マイケル・マローンHCは次のように見解を述べている。 「若い選手の育成について簡単な方法は、試合で起用すること。そして実際にミスを経験させることが重要だ。今、私たちにはマイケル・ポーターJr.という若手がおり、彼は過去2年間プレイしていない。試合に出ることが必要だ。可能な限り、彼に出場機会を与える計画だ。しかし、一方で理解しないといけないのは、私たちはウェスタン・カンファレンスで優勝を期待されていること。試合に勝つことと、育成と成熟のために若手に出場機会を与える。この2つを両立させるのはとても難しいことなんだ」

関連タグ

チーム

  • ナゲッツ

選手

  • Michael Porter Jr.

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 注目株ポーターJr.が躍動、若手育成と勝利の両立を目指すナゲッツ