ペリカンズが球団ワーストの12連敗

現地12月15日のオーランド・マジック戦を130-119で落としたニューオーリンズ・ペリカンズが、球団ワースト記録の12連敗を喫した。 ペリカンズでは、ドリュー・ホリデーが29得点、8アシスト、JJ・レディックが23得点、3アシスト、ブランドン・イングラムが21得点、6リバウンド、6アシスト、ジョシュ・ハートが20得点、5リバウンドを記録したが、シーズンハイとなる17本の3ポイントシュートを決めたマジックの猛攻を抑えることができなかった。 この試合のマジックは、3ポイントシュート成功率50%、フィールドゴール成功率51.2%、ターンオーバー8回という内容だった。 マジックでは、ジョナサン・アイザックが21得点、11リバウンド、DJ・オーガスティンが17得点、8アシスト、エバン・フォーニエが16得点、4アシスト、テレンス・ロスが14得点、モー・バンバが13得点、6リバウンドを記録したほか、足首の捻挫から復帰したニコラ・ブーチェビッチが20得点、9リバウンドと活躍した。ブーチェビッチは、現地11月20日の試合を最後に欠場が続いていた。 この勝利により、マジックは連敗を3でストップさせている。 連敗を止めたいペリカンズは、2日後にホームでブルックリン・ネッツを迎え撃つ。 マジックの次戦は、アウェイのソルトレイクシティで行われるユタ・ジャズ戦だ。

関連タグ

チーム

  • ペリカンズ

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペリカンズが球団ワーストの12連敗