1試合で2人がトリプルダブル、ヒートが記録ずくめのオーバータイム勝利

現地10日、マイアミ・ヒートがアトランタ・ホークスと対戦。第4クォーター残り1分から6点差を追いついてオーバータイムに持ち込み135対121で激闘を制した。これで8日のシカゴ・ブルズ戦と2試合続けてオーバータイム勝ちのヒートは、今季18勝6敗としている。 この試合、ヒートはバム・アデバヨが自己ベストとなる30得点、11アシストに加え、11リバウンドでキャリア初のトリプルダブルを成し遂げた。さらにジミー・バトラーも20得点、18リバウンド、10アシストを記録。チーム史上初となる1試合で2人のトリプルダブル達成となった。 また、34得点のダンカン・ロビンソンは、チームタイ記録となる1試合10本の3ポイントシュート成功。ケンドリック・ナンは自己ベストの36得点を記録。ナンとダンカンの計70得点は、2人のドラフト外入団選手による1試合の合計得点ではNBA史上最多と、まさに記録ずくめの勝利だった。 試合はホークスが残り59秒にアレックス・レンのダンクで117対111とリード。しかし、ヒートはここからロビンソン、バトラーの連続3ポイントシュートで追いつく。そしてオーバータイムでも勢いに乗るヒートが次々と加点。第4クォーター終盤の連続3ポイントからオーバータイムの残り1分24秒まで怒涛の22連続得点と、ホークスを圧倒した。

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Bam Adebayo
  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 1試合で2人がトリプルダブル、ヒートが記録ずくめのオーバータイム勝利