サンズのルビオ、12月に入りアシスト量産中

現地9日、フェニックス・サンズは、ミネソタ・ティンバーウルブスに125対109と快勝。この試合サンズの司令塔リッキー・ルビオは16得点に加え、14アシストの活躍を披露した。 これでルビオは3試合連続で13アシスト以上を稼ぎ、得点とアシストの2部門によるダブルブダブルを達成。さらに過去6試合の合計では、73アシストに対してわずか9ターンオーバーのみと抜群の安定感を見せている。 この司令塔の活躍を指揮官のモンティ・ウィリアムズはこのように称える。「彼は、効果的な働きを見せるポイントガードだ。相手のカバーを読んで、ノーマークの味方を見つける。守備がどう対応するのか、実際に相手が動く前に分かっている。これは本当に優れた司令塔だからこそできるもの。私たちの選手は走れば、リッキーがパスをくれることを知っている。彼がチームにいてくれてありがたいよ」 一方、リーグ最多となる今季5度目の1試合10アシスト以上かつ1ターンオーバー以下を記録したルビオは、指揮官への信頼をこう語っている。 「彼は、本当によく助けてくれている。彼はみんなが適切なタイミング、位置でシュートを打てるようにしてくれているんだ。それはここ数試合で大きな助けとなっているよ」

関連タグ

チーム

  • サンズ

選手

  • Ricky Rubio

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. サンズのルビオ、12月に入りアシスト量産中