ウォリアーズのディアンジェロ・ラッセルが待望の復帰

右手親指の捻挫で9試合欠場したゴールデンステイト・ウォリアーズのディアンジェロ・ラッセルが、現地12月4日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦で待望の復帰を果たした。 ラッセルは復帰戦で25分間プレイし、14本中7本のシュートを成功させて18得点を記録したが、チームは91-106でシャーロットに敗れている。 ラッセルは、試合当日朝のシュートアラウンド後に、試合出場の最終判断を下された。 今シーズン、ラッセルは11試合に出場して1試合平均23.7得点、3.5リバウンド、6.3アシストを記録中だ。 ブルックリン・ネッツに所属していた昨シーズン、ラッセルはキャリア初のNBAオールスター・ゲーム出場を果たしていた。通算283試合に出場し、1試合平均16.8得点、3.7リバウンド、5.1アシストを記録している。 ウォリアーズでは、右かかとの痛みにより同2日のオクラホマシティ・サンダー戦を欠場したドレイモンド・グリーンもこの試合で復帰し、25分間の出場で5得点、6アシストをマークした。 ウォリアーズは、左手の骨折で手術をしたエースのステフィン・カリーが少なくとも2月まで欠場する見込みで、昨シーズンのNBAファイナル第6戦で左膝の前十字靭帯を断裂したクレイ・トンプソンも今シーズン中の復帰が危ぶまれているため、非常に苦しい戦いが続いている。

関連タグ

チーム

  • ウォリアーズ

選手

  • D'Angelo Russell

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ウォリアーズのディアンジェロ・ラッセルが待望の復帰