マイルズが手術で無期限離脱、八村塁の起用にも影響か

ワシントン・ウィザーズのCJ・マイルズは、現地12月4日に左手首の手術を受けた。チームは現地点で復帰スケジュールは立てていないと発表している。 NBA15年目のマイルズは1年契約でウィザーズに加入。今年7月に疲労骨折した左足の手術を受けたために開幕に出遅れ、シーズン6試合目となった11月4日のデトロイト・ピストンズ戦で今季初出場を果たした。 11月17日のオーランド・マジック戦でエースのブラッドリー・ビールに次ぐ21得点を挙げるなど、セカンドユニットの貴重な駒としてローテーション入りしていたが、ウェスタンのチームとのアウェー4連戦初戦となったデンバー・ナゲッツ戦で左手首を負傷し、無念の遠征離脱となった。 チームの発表によれば、左手首の靱帯損傷で12月4日の朝に再建手術を受け、無事に成功したという。ただし、現時点では全治期間や復帰スケジュールは発表されていない。 平均16.1分出場して6.4得点、1.2リバウンド、1.2アシストを挙げていたユーティリティープレイヤーが離脱したことで、レイカーズとクリッパーズのロサンゼルス勢との2連戦では八村が3番(スモールフォワード)のポジションに入る時間帯も増えていたが、今後はトーマス・ブライアント不在のセンターと合わせて、八村のプレイ時間が伸びそうだ。

関連タグ

チーム

  • ウィザーズ

選手

  • CJ Miles

キーワード

  • ニュース全般
  • 八村塁
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マイルズが手術で無期限離脱、八村塁の起用にも影響か