バトラーがトリプルダブル、ヒートがラプターズとの強豪対決制す

現地3日、マイアミ・ヒートは敵地でトロント・ラプターズと対戦。オーバータイムにもつれる接戦となったイースタン・カンファレンス上位対決は、22得点、13リバウンド、12アシストのトリプルダブルを達成したジミー・バトラーの活躍もあり、121対110でヒートが制した。これで両チームはともに15勝5敗となっている。 序盤から僅差で推移した試合は、第3クォーター残り約5分にヒートがバトラーの得点で11点をリードするも、すぐにラプターズも追い上げ、ヒートの2点リードで第4クォーターを迎える。 第4クォーターも接戦が続くなか、残り1分59秒にヒートはジャスティス・ウィンズロウが3ポイントシュートを沈め107対100と突き放す。しかし、ここからラプターズの流れとなり、残り43秒にノーマン・パウエルが3ポイントを決める怒涛の8連続得点で試合をひっくり返す。ヒートも直後のオフェンスで、ゴール下へドライブを仕掛けたバトラーがファウルを獲得。フリースローを2本中1本決めて、108-108の同点に追いついた。 オーバータイムではバトラーが8得点の大暴れ。逆にラプターズは、フィールドゴール9本全て失敗とシュートが入らず。延長の5分間を13対2と圧倒したヒートが激闘を制した。 ヒートはバトラーに加え、ダンカン・ロビンソンも22得点と奮闘した。一方、連勝が7でストップしたラプターズは、故障で離脱していたカイル・ラウリーが現地11月8日以来となる復帰を果たし、12得点、6リバウンド、11アシストを記録。しかし、フィールドゴール18本中2本成功、3ポイントシュートは11本全て失敗に終わり、チームの敗戦もあってほろ苦い復帰戦となった。

関連タグ

チーム

  • ヒート

選手

  • Jimmy Butler

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バトラーがトリプルダブル、ヒートがラプターズとの強豪対決制す