バックスが44点差の圧勝、破竹の12連勝を達成

現地2日、ミルウォーキー・バックスは本拠地でニューヨーク・ニックスと対戦。第1クォーターでいきなり18点のリードを奪うと、その後も全てのクォーターでリードを奪う盤石の試合運びで、132対88と圧勝した。 連勝を12に伸ばしたバックスは、今シーズン18勝3敗とした。一方、7連敗のニックスは4勝17敗と苦戦を強いられている。 大量リードを奪っていたバックスは、ヤニス・アデトクンポを第4クォーターでプレイさせず。それでも、バックスの大黒柱はわずか21分58秒の間に29得点、15リバウンドを記録してみせた。そのほかでは、クリス・ミドルトンが16得点、7リバウンド、3アシスト。DJ・ウィルソンが19得点、5リバウンドを挙げている。 また、チーム全体で55.8%と高いフィールドゴール成功率を記録した一方で、被FG成功率を30.8%に抑え込むなど、攻守ともに文句なしの内容だった。

関連タグ

チーム

  • ニックス
  • バックス

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. バックスが44点差の圧勝、破竹の12連勝を達成