マジックのアミヌが半月板断裂で無期限の離脱

オーランド・マジックのアル・ファルーク・アミヌが、右膝の半月板断裂で無期限の離脱となった。現地12月1日にチームが発表している。 アミヌは2010年のドラフト1巡目8位でロサンゼルス・クリッパーズ入り。その後、シャーロット・ホーネッツ、ニューオリンズ・ペリカンズ、ダラス・マーベリックス、ポートランド・トレイルブレイザーズと渡り歩き、今季からマジックに加入した。 過去2年はスタメンを務めていたが、アーロン・ゴードンのバックアップとして開幕から全18試合に出場。平均21.1分間プレイして4.3得点、4.8リバウンド、1.2アシスト、1.00スティールと陰ながらチームを支えてきた。 しかし、5得点、2リバウンド、1アシスト、2スティールを記録した現地11月29日のトロント・ラプターズ戦で負傷。MRI検査を受けた結果、半月板の断裂が判明した。 マジックはゴードンが右足首の捻挫から復帰したばかりで、本来であれば出場時間を制限するはずが、アミヌの負傷により結局32分間プレイさせざるを得なかった。 半月板断裂は完治まで4~6週間を要する例が多いが、手術を受けるか、全治の期間に関しては別途診断されるという。地元ファンからは「チーフ(アミヌの愛称)、すぐに良くなるよ」と早期回復を願う声があがっている。 プレイオフ出場圏内の8位付近を推移するマジックにとっては、貴重なロールプレイヤーを失うことになった。

関連タグ

チーム

  • マジック

選手

  • Al-Farouq Aminu

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. マジックのアミヌが半月板断裂で無期限の離脱