デマー・デローザンが「インスタの投稿全消し」の真相を激白

サンアントニオ・スパーズのデマー・デローザンが、自身のインスタグラムの投稿を全て消した件について、真相を語った。 デローザンは長年在籍したトロント・ラプターズからスパーズにトレードされた時に、自身のインスタグラムに真っ黒のストーリーズを投稿したことで話題になったことがある。 そんなデローザンがインスタグラムの投稿を「全消し」したことで、巷では「デローザンはスパーズでプレイすることに満足していないのではないか?」「デローザンは近々スパーズからトレードされるのではないか?」といった憶測が飛び交ったのだ。 だが、デローザンは、それらの憶測を全て否定した。 メディアのインタビューに答えたデローザンは、「ただ単にソーシャルメディアが嫌いなだけなんだ。俺はソーシャルメディアのことを好きになったことがない。俺は常々、ソーシャルメディアが無かった1990年代にプレイしていれば良かったなと思っている程だ。周りの人が何を言おうが関係ない。俺は、個人的にソーシャルメディアのことが嫌いなんだ。2019年の現代に生きる上でインスタグラムのアカウントを持つ必要が無いなら、俺は持っていなかっただろう」とコメントしている。 現地11月27日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦で、デローザンは20得点、7リバウンド、5アシストと活躍したが、スパーズは101-113で敗れている。

関連タグ

チーム

  • スパーズ

選手

  • DeMar DeRozan

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. デマー・デローザンが「インスタの投稿全消し」の真相を激白