目を負傷したカイル・クーズマは次戦にも出場予定

現地11月19日のオクラホマシティ・サンダー戦で右目から大量の出血をしたロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマは、翌日の精密検査で「右目の擦過傷(すりむけ)」と診断された。 複数の記者のリポートによると、クーズマは同20日のチーム練習に参加しており、同21日のサンダー戦にも出場する予定とのことだ。 クーズマは、19日のサンダー戦の第2Q(クォーター)に、ドライブインを試みたサンダーのダリアス・ベイズリーの肘打ちを顔面の右側に受けて、右目を負傷した。クーズマは一旦ロッカールームに下がり、後半はベンチに座っていたが、彼の目に大きなダメージがあることは明らかだった。 結局、クーズマはその試合で再出場することはなかったが、フランク・ボーゲルHC(ヘッドコーチ)によると、もし必要であれば再出場することも可能な状態だったそうだ。 クーズマは、今シーズンはこれまでに10試合に出場し(うち1試合で先発)、1試合平均13.1得点、3.9リバウンドを記録している。

関連タグ

チーム

  • レイカーズ

選手

  • Kyle Kuzma

キーワード

  • ニュース全般
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. 目を負傷したカイル・クーズマは次戦にも出場予定