ペイサーズのマイルズ・ターナーが右足首を捻挫

現地10月30日に行われたインディアナ・ペイサーズ対ブルックリン・ネッツの第1Q(クォーター)残り2分19秒に、ペイサーズのセンターのマイルズ・ターナーが右足首を捻挫して、コートを後にした。 ターナーは、相手チームのギャレット・テンプルにスクリーンをセットした後にフロアに倒れ込んだ。スロー映像を見直すと、スクリーンをかけた後のターナーのふくらはぎにテンプルの膝が当たり、ターナーの脚が外側に開いて足首が曲がったことが分かる。 ターナーは9分間で7得点、2リバウンドを記録していたが、この怪我のあと、チームメイトの肩を借りてロッカールームに下がった。

関連タグ

キーワード

  • 怪我
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ペイサーズのマイルズ・ターナーが右足首を捻挫