ラプターズがアレックス・マケックニー氏の昇格と延長契約を発表

トロント・ラプターズが、スポーツ科学のスペシャリストとして知られるアレックス・マケックニー氏の昇格と延長契約を発表した。 スコットランド出身のマケックニー氏は、怪我人の治療に関する革新的な方法を生み出したことで、高い評価を受けている人物だ。ラプターズによると、マケックニー氏は、選手の健康とパフォーマンスを管理する部門の副社長に昇格したそうだ。 マケックニー氏は、昨シーズン、カワイ・レナードを完全復活させた功労者として知られている。レナードは、サンアントニオ・スパーズに在籍していた2017-18シーズンを全休したが、昨シーズンに見事にカムバックし、ラプターズの優勝に大きく貢献した。また、マケックニー氏は、足の親指を捻挫した影響でシュートのスランプに陥ったデマー・デローザンを、靴紐を使って復活させたこともある。その時にマケックニー氏が行った処置は、テーピングではなく靴紐でデローザンの足の親指をグルグル巻きにする、というものだった。 マケックニー氏は、2011年にラプターズのスタッフに加わった。それまで、彼はロサンゼルス・レイカーズで13シーズン働いていた。その他にも、彼は、サッカーのバンクーバー・ホワイトキャップスやNHL(ホッケー)のバンクーバー・キャナックスで働いた経験を持っている。

関連タグ

チーム

  • ラプターズ

キーワード

  • ニュース全般
  • 契約
  1. NBA Rakuten トップ
  2. ニュース
  3. ラプターズがアレックス・マケックニー氏の昇格と延長契約を発表